同時給排気形換気扇


JUGEMテーマ:ビジネス
 24時間換気のために、居室に設置する、換気扇
 です。
 1台で、給気と排気を行います。
 たて約16cm、横は30cmくらいの小さなもので
 すが、上部から給気をして、左横から排気をして
 います。

 何の為に必要かというと、ドアの下部に隙間があ
 ったり、換気口が設けられているのを、見た事が
 あるとおもいますが、実は、これは建築基準法
 で定められているんだそうです。
 シックハウス・・・一時TV番組でも取り上げら
 れて、化学物質過敏症とか、各種のアレル
 ギーの原因として、知られるようになりましたね。
 このアレルゲンとなる物質の代表に、ホルムア
 ルデヒドという化学物質がありますが、これらの
 シックハウスを引き起こす物質を排除する為に、
 換気の出来るドアを取り付け、24時間換気をす ることが、義務付けられたんだそうです。
 (ヒトゴトじゃないんですが、まったく知らない事で した)

障子とか、引き違い戸とかは、そのまま換気が出来るとしていますが、蝶番で固定してあるドアは、
アンダーカットという下部の隙間、ガラリと言われる換気口を設けなくてはなりません。
でも、防音や遮光などの為に、こういった隙間や換気口のついたドアを付けたくない居室には、写真のような、換気扇を設置することで、換気を行えます。

内部には、給気フィルターと、排気フィルターの、2種類のフィルターがついていて、メーカーサイトによると、定期的にフィルターのお掃除と、水洗いを勧めていました。

車の交通量の多い道路際のお宅では、フィルターを外したら、煤で真っ黒になったフィルターが現れました。
これでは、換気扇をつけている意味がないですよね~
でも、お部屋の天井近くに設置されていて、脚立がないと、ちょっと手が届かないんですね。
1Fに1つ、2Fに1つ、設置されていましたが、イスをお借りして、なんとかお掃除しました。
家事代行の定期清掃では、脚立に乗るような、高所の作業はしない、という会社が多いんですが、やっぱり、伺っている以上は、奥様がやりにくいお掃除を、出来るだけして差し上げたいな、と思っているので、小さな脚立でも持参しようかな、と思っています。

※ガラリと、アンダーカットのあるドア。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願いします。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ