エアコンの配管パイプ


JUGEMテーマ:ビジネス
 
エアコン排気ホース

エアコンの室内機と、室外機をつないでいる、ホース。
通常、ビニールのテープでぐるぐる巻きになっていますが、これが陽にさらされて劣化、はがれていることが良くあります。
中には、配管パイプや電線、室内機内に発生した水分を逃がす、ドレンホースなどが入っています。

もう何ヶ月か前に、引越し後のクリーニングをした物件で、このホースの表の、ビニールテープが剥がれているのがありました。
テープは、ホームセンターなどに売っていて、幾らもしないものです。
前に買っておいたのですが、使う機会がなく、そのままになっていました。

実は、使い方がよく判らなかったんです。オハズカシイ・・・
ある時、エアコンクリーニングに伺ったお宅の方が、以前エアコンの設置の仕事をなさっていた方でした。
そこで、テープの使い方を聞いてみたところ、快く教えていただきました。
テープは伸びるので、しっかりホースを押さえて、テープを伸ばしながら、巻きつけていく、という事でした。

今日その通りに巻き付けてみて、無事出来ました。
まだまだ、初めての事は、沢山ありますね。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ