エアコンクリーニング その後


JUGEMテーマ:ビジネス

約1ヶ月前にエアコンクリーニングを行ったお客様から、エアコンの効きが悪い、というメールをいただきました。
えっ!?エアコンクリーニングが、原因?と、ちょっと青くなりましたが。

電話をして、詳しくお話を伺ってみると、冷房のスイッチを入れると、ランプが点滅して、ファンだけが回り、冷風が出てこない、暖房も効かないというお話でした。
メーカーサイトで調べてみると、ランプの点滅は、室外機の基盤の故障である事が多い、ようです。
エアコンクリーニングでは、室外機には触りませんので、クリーニングが原因ではないようです。
お客様に再度連絡し、サービスの一環として、お客様に代わって、メーカーに修理依頼をいたしました。

メーカー側も、クーラーの繁忙期を過ぎ、日程にもゆとりがあるようで、お客様の都合、当店の都合、共に良い日に、来てくれる事になりました。

今日は、その日。
メンテナンスの人が来て、ランプの具合など見て、室外機の基盤を点検していました。
家の外壁と、塀とに囲まれた、狭い場所に室外機があるんですが、そんなもの、ものともせず、テキパキと動き、テスターで検査。
リモコンの信号を受信する部分と、もう1ヶ所不具合があるという事で、基盤を取り替える事になりました。
費用は、およそ2万円弱。
エアコンは11年もの。そろそろ、買い替え時です。
が、お客様は、修理して、使えるだけ使う、との事。
まぁ、いくらエアコンが安くなったとは言っても、2万円じゃ買えませんからね。
基盤を交換して、スイッチをいれたエアコンからは、すごい勢いで、冷風と、温風が出るようになりました。

エアコンの室外機、雨にさらされ、陽に焼かれ、でも、薄いカバーの下には、結構緻密な基盤が収まっているんですね。
上から重いものを落としたり、植木の台にしたり、しませんように。
大切にしてあげてくださいね。

おそうじふくふく新ブログ 「家の中ピッカピカ大作戦!

年末のお掃除の事なら「おそうじふくふく」へ


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ