エアコンクリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス


ショップチャンネルという、1日中通販の商品を紹介しているチャンネルが、かなり面白いです。
見たいTVが無かったりすると、買う気も無いのに、見てたりします。
先日は、以前所属していた、某フランチャイズ・チェーンのおそうじ会社が、エアコンクリーニングサービスを実演して、通販で受付してました。
分解、洗浄、抗菌防カビコートまでやります、と。
その時、商品紹介のMCは、「業者に頼むから、ここまでやってくれます!素人じゃ無理!」みたいな事を言って、上手に煽ってました。
申し込み、結構あったんじゃないですか?

それから数日後、またまた見ていたら、今度は、ご家庭で手軽に出来る、エアコン洗浄剤のご紹介。
電解水を主成分とした、安全な洗剤で、吹き付けるだけで、汚れがみるみる落ちますと。
今度は、「業者に頼んだら、10,000円くらいするエアコンクリーニングが、○○○円で出来るんですよ。予約して、何ヶ月も待たなくても、これが届けば、すぐその日でも使えます」と、言ってました。

ん~~~~ =( ・_・;)⇒
見ていると、エアコンの前面パネル、パカッと開けるフタですね、あれを開けて、フィルターを外して、熱交換器、アルミフィンに洗浄剤をかけています。それだけです。
汚れは、下のドレンパンを伝って、外に排出されますし、従来の泡状の洗浄剤に比べれば、液状なので詰まる心配も、アルミフィン上に留まって、アルミを劣化させる事も少ないと思います。
ですが・・・
エアコンの汚れは、アルミフィンだけではありません。
その下の、噴出し口周辺にもカビは出ますし、ルーバーにも、中のファンにもカビは出ます。
それらの汚れは一体・・・どうするんでしょう。
そして、その辺りにカビが出ていると、カバー裏面にもカビが付いている事が多いです。
この洗浄剤だと、本体カバーは外さないので、洗えません。

エアコン分解清掃をしている業者は、よほどのインチキでない限り、カバーを外して、噴出し口内部も洗っています。
むしろ、カビ臭い原因は、このファンの汚れにあると思っています。
だから、室内にも関わらず、ビニールやタオルでしっかり養生をして、洗剤で洗い、すすいでいるんです。
業者が行うエアコンクリーニングと、このような洗浄剤でアルミフィンのみの汚れを落とすお掃除方法では、根本的に違うと思いますね。
同じ番組の中で、両者のサービスを紹介するなら、その辺りもキチンと説明するべきだと思いました。

料金をいただいて、サービスを行うには、それなりの知識と技術があっての事。
「ご家庭で簡単に」「手軽に」行う掃除とは、違って当然だと思います。
賢い消費者なら、その辺をご存知だと思いますが、まだまだ表面的な事、料金の事などで選んでしまい、失敗する人も多いのじゃないでしょうか。

洗浄剤をお使いの方、噴出し口の汚れは、どうしますか?


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願いします。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ