年末にエアコンクリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス



エアコンのドレンパンを外した後の電装部分というか、排水ホース口?です。
昨日と今日で、4台のエアコンクリーニングをしましたが、すべて三菱製、グレードは色々です。
同じ霧が峰でも、昨日のはドレンパンが外しにくく、無理するのをやめました。
今日の霧が峰さんは、良~く見たら、ホースの差込み口が、プラで止めてあったので、これを浮かせながら、ドレンパンを手前に引くと、結構簡単に外せました。

ドレンパン、いつでも、どんな機種でも外せると、シロッコやその奥が洗いやすいんですけどね~
やっぱり、電気はコワイ・・・
というより、複雑になっていて、あちこちコネクターを抜かなければならないと、元に戻せるかが、心配という・・・

ドレンパンを付けたままの状態で、少し下に下げて、アルミフィンの下部分を覗いたら、それほど汚れがなく、カビは見当たらなかったけれど、ドレンパンを外してみたら、ドレンパンの奥には、カビが発生していました。
やっぱりね・・・
そんな時、ドレンパンがいつでも外せると、良いんだけどね~

でも、ハウスクリーニングって、エアコンにしても、家にしても、お客様の持ち物をお掃除しているわけで~
「壊さない」ってのが、大前提なのじゃないかな~と思います。
一見キレイになっても、良く見ると細かいキズが入っていたり、どこか欠けてしまっていたりしたら、それはキレイにする、しない以前の問題ではないかと・・・
まぁ、そう言ってビクついていると、進歩は望めないので、時には大胆さと勇気も必要なんですけどね!
そんな時、「試されてるなぁ~」って思います。

 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ