年末は、窓そうじ。


JUGEMテーマ:ビジネス


年末になると、一番多いクリーニング箇所が、レンジフード、キッチン、そして、窓でしょうかねぇ。
ちょっと前までは、マンションなどだと、窓の数が少なかったんですが、今時のマンションは、数も多く、サイズも大きめですね。
ちょっと、日常的に掃除するのは、大変ですよね。

窓のクリーニングをご依頼されて、私達が、色々道具を搬入して、お風呂場からホースで水を引いたり、ってすると、「ずいぶん、大事(おおごと)なんですね」なんて言われた事も。
窓掃除、って簡単に思ってる方、多いんですけど、割と大変ですよ。
お掃除して、料金をいただくとなると。
ガラス面だけだと思ってる方もいらっしゃるし。
でも、窓掃除は、一番道具も洗剤も少ないかも。
作業も、シンプルですからね。

網戸があれば、外して洗います。
網戸は外して洗うのが、一番簡単で、しかもキレイになるんです。
場合によっては、漂白もします。
窓も、外せれば外して洗いますが、最近のサッシは、大きいので、まず外しません。
で、洗剤で汚れを落として、水をきって、仕上げ剤を塗って、仕上げ拭きにかかります。
サッシの枠、レールも、水が使えれば、水で流しますが、流せないと、タオルと「ケレン」というサッシ掃除用の、ノミのような道具で、細かい所の汚れも拭き取ります。
ここも仕上げ剤を塗って、汚れの再付着を少しでも少なくします。

で、窓を戻して、下から、ナナメから、外から、室内からチェックして、水垢や拭きムラがないか、見ます。刃をいれて、ガラス表面の汚れを削ると、本当にガラスが透明になって、ピカピカして、美しいですね。
室内も明るくなって、やはり気持ちが良い。
新年は、キレイな窓で。
と、思うのも、無理のない事です。 

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ