ガスコンロの汚れ


JUGEMテーマ:ビジネス



キッチンクリーニングの時に、良くお目にかかるのが、フッソ樹脂加工のトッププレート。
メーカーのうたい文句は、「汚れがサッと拭くだけで落ちる」だと思うんですが~
これ、ホントにサッと拭くだけで落ちるのは、汚れてすぐの時だけです。

お料理中に、誤って吹きこぼれてしまった煮汁など、そのままにしておくと、今度は、その煮汁をガスの炎で焼き付けてしまっている状態になります。
それが、1日に何回も、そして何日も・・・と続くと、汚れは固く、こびり付いてしまいます。
そうすると、「サッと拭くだけ」では、落ちないのです。

そして、フッソ樹脂加工に禁物なのが、傷。
硬い物で擦ると、加工が取れ、その傷にかえって汚れが付きやすくなってしまいます。

画像は、その悪い例ですね。
きっと、注意書きを良くお読みにならなかったんでしょう。
たぶん、スチールウールや、研磨剤入りのスポンジなどで、懸命に擦ったんだと思います。
加工は剥がれ、地金が出てしまっていました。
そして、その上に汚れが付き・・・それをまた落とそうと擦り・・・そして、あきらめてしまったようです。

業務用の洗剤に漬けて、少しずつ汚れを分解して落として行きましたが、もう剥がれてしまった加工は、どうしようもないので、このトッププレートだけメーカーから購入する方法を、お勧めしました。
お客様は、この物件を購入した方。
前の居住者が行った事ですが、きっと新しいトッププレートにした方が、気分もリフレッシュされると思います。
価格は、メーカーにもよりますが、5,000円前後で買えます。

汚れ防止の為に、トッププレートに、ガスマットを敷いている方も多いと思いますが、ガス会社の方に聞いたら、トッププレートのこの穴と、バーナーの隙間から空気を取り入れているので、あまりガスマットで塞がない方が良い、との話でした。
汚れを隠すより、汚れたら本当に「サッ」と、拭き取れるよう、側に不用布などを用意しておく方が、いいかもしれませんね。 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ