素手でトイレクリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス


今日、ニュースを見ていたら、横浜市で、小学校のトイレの掃除を、生徒達にさせる、という事を復活させた、と言っていた。
そんな事がニュースになるのに、ビックリしたと共に、生徒が学校のトイレの掃除をしていない事にもビックリ。
じゃぁ、今までどうしてたの?って事ですよね。
校舎の建て替えなどで、昔風のタイル床のトイレが無くなり、洗剤や水で洗う代わりに、薬品で消毒する形に変わっているので、専門業者がやっていたらしい。

へぇ~
私が子供の頃は、やっぱり床はタイルで、デッキブラシでゴシゴシ擦ったりしたものでした。

そんなニュースの後に、「素手でトイレ掃除をする」という中国の会社の話が紹介されていました。
これって、イエローハットの創業者、鍵山さんの提唱する運動ですよね。
この中国の会社の社長さん、鍵山さんの本の中国語訳でも読んだのかな。
で、素手でトイレ掃除をするって言う事よりも、ちょっと・・・どうかな~と思ったのは、社員が素手で掃除したトイレを、この社長さんが素手でチェックするんだけど、水を流して、その水で顔を洗い、あげくに飲んでた。
それ位、キレイにしてるよ、って事なんでしょう。

議員の、野田聖子さんも、かつて帝国ホテルの社員だった時、入社してすぐの仕事がトイレ掃除だったそうだ。(まぁ、そういう会社多いですよね。仕事出来ないんだから、トイレでも掃除してろって)
その時、先輩が掃除をしたトイレの水を飲んだのが、とても衝撃的で、退職する時、感謝の気持ちを込めて、丁寧に掃除をして、水を飲んだそうです。

比較的新しいトイレで、本当にピカピカに掃除出来た時、「飲めるくらいだな~」と思う事もあるけど、チョット待って!!
トイレの便器の中の水って、水道管から直接入ってるんじゃないんですよ!
タンク、という物に、いったん貯められて、コックを捻ったり、レバーを動かしたり、ボタンを押したりして、適量流れてくる仕組みになっているんですね。
皆さん、便器内の汚れは気にするんだけど、トイレタンクのフタを開けて、中を見た事ある方って、どのくらいいるんでしょうか。
結構汚れていますよ?
部品にカビが付いていたり、底に良く判らない汚れが沈殿していたり、金属部分が錆びていたり・・・
そこに溜まっていた水を飲むなんて・・・
ちょっと信じられませんね。

まぁ、家庭内のトイレを掃除する程度なら、心配ないでしょうけど、私達のように、さまざまな場所の、色んな汚れのトイレをお掃除するのを仕事にしている立場からすると、「そんな事、しない方がいいよ」って思いますね~

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ 
もうひとつのブログ、「家の中ピッカピカ大作戦!!」も更新しました。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ