ひかり電話 ボイスワープ


JUGEMテーマ:ビジネス


2月の下旬に、電話を“ひかり電話”に変えました。
それまでは、ADSLだった回線を、フレッツ光にして、少し速度が速くなるかな~とか、期待しつつ。
それほど不便を感じてた訳じゃないので、劇的な変化も無いんですけど・・・

それまでの電話も、家の固定電話にかかると、携帯電話に転送されるようにしていました。
個人的な用の電話より、お客様からの電話が多かったので。

最初に工事が入って、ルーターを設置して行ってくれたんですが、ADSLのルーターは、ネットを使う時だけ電源を入れてました。
電話と、ネットで、回線を分けてたんですね。
今度のルーターは、常時電源を入れていなくてはならないようで・・・
それを知らなかったものだから、光に変えて、しばらく経ってから、親戚から電話があって、「電話変だから、携帯にかけたよ」って言われたんですよ。
えっ!と思って、携帯から固定にかけたら、不具合があるとか、何とかってメッセージが流れて。
もう、ビックリ!
そこで、思いついて、ルーターの電源を入れたら、ちゃんと繋がりました。
そういう説明、して欲しかったなぁ~

で、今日。
固定から携帯への転送・・・
ひょっとしたら、出来てないんじゃないかな~と思って。
固定にかかってきた電話が、20コールくらいしても転送されなかったんですよ。
あれ~?おかしいなっ!
じゃ、電話で確認してみよう、と思って、ボイスワープの設定番号142にかけたら、ナビダイヤルっつ~んですか?機械の声で、○○のご用件は、何番へ、って流れるじゃないですか。
あれで、番号を押しても、「番号が確認出来ません」ってなるんですよ。
あ~これは、転送も出来てないかも・・・と思って、コールセンターに聞いたら・・・
パルス信号とトーン信号とあるので、※を押してから、番号押してみてくださいって。
そのセンターの人が、携帯にかけてきてくれて、手順を教えてくださったので、無事ボイスワープの設定も出来ました。
・・・・・・
・・・・・・
って、やっぱり転送出来てなかったんだ!
前の契約をそのまま引き継いで、契約書にもボイスワープって書いてあったので、設定もそのままで良いのかと思っていたら、設定し直さなきゃならないんですって。
これも、申し込んだ時に、説明して欲しかったなぁ。

どうりで・・・(?)仕事の依頼が無いはずだよ!?
関係ないかもしれないけど・・・でも、ボイスワープ設定したとたんに、お電話いただきましたからね!


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ