アクティブシニア


今日知った言葉。「アクティブ・シニア」
定年退職して、現役を退いた後でも、元気にはつらつと過ごす、高齢者達をさすらしい。

不動産会社は、「アクティブ・シニア」向け物件を販売している。
TVでは、超豪華なマンションを紹介していた。

老夫婦だけの住まいに、可愛いペットを。ペット飼育可能マンション。
玄関を入ると、ペットの足を洗う為のシンクが作りつけられていて(各住戸に)、フタを閉めるとベンチにもなる。
部屋の中には、ペットの家も作りつけられ、どこにいてもペットの様子がみられる。
中はタイル貼りで、お粗相しても始末が楽そう。
価格も予想通り。それでも、ローンなんか組めない年でしょ?
現金買いなのかなぁ、なんて事が気になってしまう。

別の所は、賃貸だけど、ケアステーション付き。
24時間体勢で、異変があったら、部屋の中からインターフォンだけでなく、天井のマイクに向って助けを呼べる。
玄関のカギも、チェーンもオートロックで解除出来る。
もちろん、内部はバリアフリー。
億ションではないけど、まぁ、高い方だと思う価格帯。それは入居時。
その他に、月額料金がかかる。

実際に住んでいる人達がいたが、どの人達も裕福そう・・・
楽器の演奏をしたり、プールバーもあるし、セレブでリッチな暮らしをしていそう・・・
苦労して来たんだから、最後にこんな所に住んでも、バチは当らないでしょう、なんて言ってたけど・・・
それは、そうだよね。若い時から働いて来たんだろうし、戦争も経験してるし・・・だけど、今も働いているけど、そんな所に住めない身には、フクザツ。

一方、少ない年金での暮らしを余儀なくされているお年寄りもいる。
1コ130円のコンビニのおにぎりを、二つに分けて、昼ごはんと夕ご飯、なんて話すおばあちゃんもいた。
2合のお米を、3日分というおばあちゃんもいた。
「長生きなんてしたって、何も良い事が無い・・・」と言っていた・・・

日本の格差社会・・・って事なのね。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ