ハウスクリーニングの仕事を始めたい。


去年、ウチの掲示板で知り合った、近くに住むハウスクリーナー希望の女性がいる。
今日、その人と久しぶりに会って、ランチにお好み焼きを食べてきた。
今は、他に正業を持っているけど、来年当たり開業したいと思っているようだ。

ハウスクリーニングの仕事を始めたい、という人は多い。
2007年問題で、その数はさらに増えるんじゃないかと、思う。

60歳を迎えてからの、この仕事はどうだろう。
サラリーマンの人が、漠然と思っている「掃除」という仕事に対するイメージ。
それは、自分が勤める会社の中で働いている、「お掃除のオジチャン、オバチャン」か、駅ビルや商業店舗で見かける、ビルメンの人の姿じゃないだろうか。

ハウスクリーニング、というのは、それらの人の仕事とは、まったく違う。
一般のご家庭に行って、その家庭で毎日使っている、キッチンやら、お風呂やらをお掃除してくる。
当然、接客も必要だし、身だしなみにも気を使う。
なにより、やっている掃除の内容が、まるっきり違うって事。

ハウスクリーニングの人が、ビルメンの仕事を急にやろうとしても、勝手が違うし、逆もそう。

もし、定年退職して、ハウスクリーニングのお仕事をしたい、と思っているご主人がいたら、または、お父さんがいたら、まず、ご自分の家の換気扇や、お風呂トイレの掃除をして見る事をお勧めします。
まぁ、細かく、しち面倒くさい事!
それを途中で奥様にバトンタッチする事無く、やり遂げてみましょう。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ