ハウスクリーニングを辞めて


以前、ウチと同じ様に夫婦でハウスクリーニングの仕事を始めた友人がいる。
ブログ「ハウスクリーニングで女性が起業、オバチャン奮闘記」に書いてるように、私は28年間勤めていた会社を辞め、この仕事を始めた。
友人は、その会社で一緒だった女性で、会社を辞めた時も一緒だった。

会社を辞めてから何人かの仲間で会った時、私はもうハウスの仕事をすると決めていたので、彼女にパンフレットを見せたりして、「あなたもやらない?」なんて誘ったりした。

その後、私は某フランチャイズを経て開業し、そろそろ1年経とうかという時、彼女から「同じ仕事始めました~」と連絡を貰った。

私が誘ったのとは、まったく別に、当時仕事を探していたご主人が、雑誌で同じフランチャイズの広告を見て、開業を決めたらしい。

その後、お互いに仕事を都合したり、手伝ったりして、何ヶ月が過ぎたが、彼女のご主人が体を壊してしまい、辞めざるを得なくなった。
それから、それから、いろんな事があって、今彼女は3人の子供達と親子4人の生活をしている。

昨日、久しぶりに彼女に会った。ハウスの仕事を辞めてから、2回目かな。
今、古巣の会社の営業ウーマンをしているという。
元気そうで、なにより張り切っていた。
安心した。
やっぱり、古くからの友人には、なにがあっても幸せでいて欲しいし、元気でいて欲しい。
私達に出来る事があれば、力になりたいと思う。(微力ながら・・・)
そして、力になる為にも、まず私達ががんばっていかなくては、と思っている。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ