初詣で


千住神社.jpg

昨年身内に不幸があり、「おめでとうございます」が言えないんですが、本年もどうぞよろしくお願いします。

今日は初詣に行って来ました。
昨年神棚を祀りまして、愛知県のとある神社のお札をいただいています。
そちらのお札は、郵送されてくるので、それとは別に伊勢神宮のお札と、氏神様のお札を祀るわけです。
実家の氏神様は、建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)でした。
今住んでいる所の氏神様は、ウカノミタマヌシノ命と、同じくスサノオノミコトです。
愛知の神社は、クニトコタチノミコト。この神様が配下に使っているのが、スサノオノミコトだと言う話なので、いわばスサノオノミコトの上司ですね。
何となく、関連があるような・・・?

おみくじ、って引きますか?
以前は良く引いていました。
書いてある文章を見て、一喜一憂するものの、あまり深く捉える事はないですね。
でも、おみくじの違う見方があるんです。
引いたときの、大吉だとか、凶だとかを見るのではなく、文章そのものの力を感じるんだそうです。
私はうまく見られないけど、なんだか文字がパワーをもって見える事があるんだそうです。
それを「神様からのアドバイス」として捉えれば良いんだそうです。

昔、浅草の浅草寺でおみくじを引こうとして、なかなかおみくじ箱からみくじが出てこなくて、何度も振ってみました。
そしたら、若いお坊様が「どれ、貸してください」と言って振りました。
「あ、出ましたよ。○番ですね」と、くじを渡してくれたんですが、これって、その若いお坊様の運勢なんじゃないのかなぁ、と思ったんですが~

ちなみに、お正月は縁起を担いで、「凶」はあまり入れないという所が多いですが、浅草寺はバンバン入っています。
凶は、決して不運な事が起こるわけではなく、凶の後は、上向くばかりなので、身辺に気をつけながら、物事に当れば良い運に恵まれる、という事らしいです。
私は、3回続けて凶が出た事があります。さすがに気になりましたけど・・・


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ