移動中の音楽


ニューヨーク州議会で、道路横断中の携帯音楽プレーヤーや携帯電話などを使用禁止にする法制化の動きが出ているそうです。
私も、1979年のウォークマンの発売当時から、常に携帯音楽プレーヤーを使ってきました。
電車や乗り物の中で、何もせずボ~ッとしていられないんですよね。
1度だけ、2時間位電車に乗るのに、本もプレーヤーも忘れてしまって、すごく気持ちが落ち着かなかった覚えがあります。

ニューヨークでは、音楽を聴きながら歩いていた若者二人が、車にはねられたのを法案提出のきっかけにしています。
罰金は100ドル(約1万2千円)だそうです。
日本でも、携帯メールを打ちながら自転車に乗っていたり、音楽を聴きながら歩いているのは、よく見る風景になっていますね。

私は左耳の中の形?がちょっとイヤホンと合わなくて、年中イヤホンが落ちます。
それを気にして、常にイヤホンに触っているので、それがストレスになる事もあって、最近は歩く時には聞いていないですね。

昔のウォークマンはカセットテープでしたから、衝撃を与えると音が飛んだり、簡単に壊れたりしていました。
今は、HDDに入れたり、メディアカードに入れたりして、アルバム何十枚分もの曲を入れられるようになり、音飛びもなくなりました。
音もクリアで、曲の検索もすぐ出来るし、快適です。

でも、やはり後ろからの車の音、人の足音、自転車のベルなどに気づくのが遅れますから、危険なのかも。
それを承知で、周りに目で気を配っていれば良いかもしれませんが、だったら落ち着いた場所でゆっくり聞いたほうが、良いかもね。 


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ