銀行の憂鬱


JUGEMテーマ:ビジネス


どうしても、今日、振込みをしなければいけない事になり、9時から仕事だったんですが、お客様に無理を言って、途中抜け出して、銀行に向かいました。
いつもは使っていない、地方銀行です。
お客様の家から、自転車で急いで・・・行ってみたら、銀行がナイ・・・!
建設中で、仮店舗で営業中。
その仮店舗は、もっとお客様の家に近いのでした。
なんだ、遠くまで来なくても良かったんじゃん~ぶつぶつ。

なんだか、すでにケチがついていますが。
振込み用紙を書いて、窓口へ。
今時、あんまり銀行を使わないワタシでも、10万円を超える送金は、ATMじゃ出来ない位、知ってますよ。
で、窓口で、用紙とお金を出したら・・・
「当支店以外の支店への送金は、用紙が違います」と。
書いておいてよ~!
書き直し・・・
あ、金融機関名書く所に、支店名書いちゃった!
訂正・・・訂正印・・・

今度は、お振込み人、ご本人じゃないですよね?確認が出来ないので、お取り扱い出来ません・・・
えぇ~!主人名義で振り込まなきゃならないのに~ぃ。
仕方ない・・・私の名前で。
またまた、訂正・・・訂正印・・・印鑑持ってて良かった~

その金融機関に取引がないと、簡単には振込みさせてもらえないみたいですネ。
試しに、「会社名で振り込む時は、どうするんですか?」って聞いたら、「登記書類を見せていただきます」って。
振込みするのに、いちいちそんなん持ってかなきゃ行けないなんて。
まぁ、数々の事件に対する自衛手段なんでしょうけどねぇ。
サービスって、じぶんのトコの顧客にだけなんですね。l
振込みは、なんとか終了しましたけど、以前は普通にやっていた事を、久しくやっていないと、プチ浦島太郎になったようでした。
 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ