ハウスダストクリーニング


ハウスダストクリーニング

ハウスダストクリーニングにお伺いする時、↑写真のようなキャリーバッグに、専用機材を入れて行きます。
重さは、今日量ったら、15kgありました。
ハウスダストクリーニングは、これ1つで、カーペットも寝具も出来るので、車を使わなくても良いように、そう、CO2の削減に貢献しようと、公共交通機関を使って移動しようと思っています。

今回のご依頼は、カーペットで、場所は東京の南の方。
我が家からは、地下鉄で1度乗換えがあり、その後バスに乗ります。
バスを降りてからは、割りと近くだったんですが、地下鉄の駅から出るのが、結構大変でした。
地下鉄構内には、ほとんどエスカレーターがあり、まぁ、エスカレーターを使う為に、少し多く歩かなければならない事もありますが。
大きめな駅だと、地上と改札階を結ぶエレベーターが設置されていたりもします。
でも、小さな駅だと、改札階から地上へ階段・・・という事も。
今回、家の最寄駅は大きいので、エスカレーター、エレベーターを利用できましたが、目的地に着いてから地上に出る階段は、このキャリーを手に提げ、腰で支えながらオッチラ、オッチラ登りました。

とても暑い日だったので、これだけで汗みずく。
バスは、ノンステップで簡単だったんですけどね~
公共交通機関が、障害者の利用に便利にするだけでなく、こうした荷物を持った人への移動にも配慮があったら、トラックや自家用車を使う所を、こうした交通機関を使い、CO2の削減にも、貢献出来るかも・・・
たとえば、いまだにある、「車椅子ご利用の方は、駅員まで」という事もなく、エレベーターがどの駅でも、地上まで利用できれば、それは可能ですよね。

それにしても、こんな大きなキャリーを引いた人、自分ではあまり見かけた事無いですが、中に何が入っていると、皆さん思っているでしょうね。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ