キッチン・レンジフードクリーニングは、コーティングまで。



8日、日曜日は、同業の おそうじ壱徹さんのお手伝いで、竹ノ塚で仕事でした。
壱徹さんは、某フランチャイズにいた時に、HPの掲示板を通じて知り合い、その仕事へのチャレンジ精神と、テンションの高さに触発され(?)、不満だらけのフランチャイズを飛び出すきっかけをくださった方です。

開業年数は変わらないけど、アイデアいっぱいのHPからもわかるように、その仕事もアイデアいっぱい。

壱徹さんは洗濯槽クリーニングと、浴室クリーニング
私はキッチンと、レンジフードクリーニングを担当。あと、洗面台かな。

私達は、よけいな備品まで外さない、という姿勢で仕事をしてきました。
無理して外すと、取り付けに何倍もの時間がかかってしまうので、お客様の貴重な時間を少しでも作業そのものに当てる為、そうしてきました。

が~、今回レンジフードのケーシング(シロッコファンが収まっているケース・かたつむりなんて呼ぶ時もあります)を外して洗う、というので、教えてもらう事にしました。

やってみると、(って、今回外してくれたのは、壱徹さんですが)案外簡単。
モーターが重いんじゃないか、と思っていたけど、それ程でもなく、私でも無理なく外せそう。

外してみたら、何より、隅々まで綺麗に出来、脚立に上がって作業するより、床の上で座って出来るので、作業も楽です。

取り外す時間に少しかかっても、作業時間が大幅に短縮でき、仕上げも綺麗なので、これは即採用となりました。

今回勉強になった事は、もう一つ。
仕上げのコーティング
以前、コーティングの嵐が吹き荒れた時、遅れてはならじと、私達も買い込みましたが、結局一度も試す事さえ出来ず、今に至っていました。
すごく構えてしまって、及び腰だったんですが、やってみたら、これまた案外簡単に・・・
これも、即、家で練習。採用する事にしました。

こうして、同業の仲間と仕事をすると、参考になる事が沢山あります。
なかなか、一緒に仕事が出来るほど、親しくなれる同業者と言うのは、出来にくいと思いますけど、大切な事ですね。

帰りは、お客様にいただいた草だんごを大切に、持って帰って来ました。
これを励みに、また一歩前進!


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ