レンジフードクリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス


中古マンションを購入したお客様から、どうやらレンジフードが匂うんですが、クリーニングで解消出来ますか?とお問い合わせをいただきました。
聞いてみると、購入した後のリフォームで、クリーニングもしてくれていたようです。
でも、多くのリフォーム業者のクリーニングは、表面だけのお掃除で、レンジフードなど中まで分解して、クリーニングする事は、少ないんです。

内部を見てみると、やはり汚れています。
24時間換気機能付きで、レンジフードのファンの奥は、直接ダクトに繋がっていて、風の逆流を防ぐシャッターは、取り付けられていませんでした。
風の強い日に、匂いっていた、というお話なので、逆流した風が、ファンに溜まった油の匂いを、室内に運んでいたのではないかと、推測しました。
対策としては、在宅している時は、なるべく24時間換気機能を使って、ファンを回しておく、という事と、油を貯めないように、こまめなお掃除・・・くらいでしょうか。

前の居住者が、油を使ったお料理を良くされていた、という事で、ファンの羽根の間も、ファンが収まっているケースの中も、結構な油でした。
↑の、メーカーの、ちょっとオシャレなレンジフードでしたが、いやあ~やりにくい。
こちらのメーカーでは、自動でフィルターを洗ってくれる、「洗エールレンジフード」というのを開発して、10年間フィルター掃除がいらない、という事らしいんですが~
(今日お掃除したレンジフードは、その機能はありません)
お掃除ランプが点灯したら、ぬるま湯を注いで、そこをフィルターが通って、油を落とすんですって。
でも、油は、お湯だけでは、落とせても分解できませんからね。

レンジフードの汚れは、フィルターだけじゃないんですよね!
フィルターが汚れてる、って事は、フィルター周辺、またはフィルターの前に付いている、整流板?とか言う、ボードも汚れるんですよ。
そして、フィルターを通った空気にも、まだ油の粒子は混ざっていて、ファンの羽根に付きます。
ファンがはじき落とした油は、ケースの中にたまり・・・と。
そうでなければ、下部のオイルポケットとか、オイル受けっていうものに、オイルが溜まるわけないんですから。

エアコンもフィルターを自動洗浄する機種を開発して、10年お掃除いらず!なんてやってましたけど、結局1年目で、カビの発生が見られてますからね~
汚れない機械、汚れない家電なんて有り得ないと思いますね。
だったら、掃除のしやすい、分解のしやすい機種を作って、手軽に簡単にマメにお手入れ出来るようにする方が、先決なんじゃないでしょうかね。

コチラのメーカーさんのフード、ビスが多すぎ!
つなぎ目に段差が多すぎ!
板と板の段差があれば、油はそこにこびり付き、落とすには、全部ブラシを入れないと、細かい段差の隙間に付いた油は落とせないんです。
妙なミゾ、凹み、金具が多すぎ!
それらの一つ一つに、油は入り込んでいます。
ここのメーカーの開発者の方、1度ご自分でお掃除してみたら、いかがでしょう?

毎日使うキッチン周りの設備。
デザインばかりを追わずに、手入れの事も考えて、開発して欲しいですね。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ