レンジフードクリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス
レンジフードクリーニング 

毎年、何度か声をかけていただくお宅なんですが、この仕事を始めて、最初に配ったチラシを見て、ご依頼をいただいたのが、始まり。
その頃は、某フランチャイズ・チェーンに入って、始めたばかりで、右も左も、アルカリも酸も分からないような私達でした。

その頃は、フランチャイズ・チェーンの本部から買った洗剤を使っていました。
それが、油汚れなんか、全然落とせない洗剤なんですよ。
レンジフードのシロッコファンなんか、いつまで漬けておいても、取れなくて・・・
原液使用は、素材を痛めるので、やめてください、と言われて、正直に従っていました。

このお宅のレンジフードのフィルターは、写真のように、丸い穴が開いているタイプで、2枚合わせです。
キッチンと、レンジフードで、すごく時間がかかってしまい、結局夕飯のしたくの時間になっても終わらない・・・
それじゃ、ご迷惑だというので、フィルターだけ持ち帰って、翌日届けるという事になりました。

家に帰って、もう一度洗剤を作って、ブラシでゴシゴシ。
なんとかキレイにして、翌日お届けにいって、不織布のフィルターを付けるのをお手伝いして・・・
こんなんで、やって行けるのかなぁ・・・なんて思いながら、夜ブラシで洗ってたのを思い出します。

その後、先輩から、もっと強力に油を落とせる洗剤を教えてもらい、それをきっかけに、目からウロコが何枚も、何枚も落ちました。
洗剤の知識も、実技経験もあまりなく、いざという時に頼りにならない本部に疑問を持ち、フランチャイズ・チェーンをやめました。
本当の意味の独立をして、「おめでとう」と言ってくださったお客様がた。
その方たちとのお付き合いが、今も続いているのは、本当にありがたい事だと思っています。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ
↑ブログランキングに参加しています。どうぞクリックしてください。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ