レンジフード・クリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス



今日は、我が家のレンジフードをお掃除しました。
前の住まいでは、浅型でしたが、今度の家は深型。
実は、表面は一応お掃除してあったんですが、フィルターにも油が残り、内部はまったく手つかずのままでした。
賃貸なので、前の入居者が引っ越した後に、クリーニング業者が入ったのは、入ったようでしたが、ザッと見回して、あ、お掃除してあるな、程度でした。

ハウスクリーニングというと、皆さんどの業者も同じに思われるかもしれませんが、その実、さまざまです。
見回して、目に付くところだけキレイにしている業者、内部までキチンとやってある業者、えっ!こんなトコまで!?やってある業者・・・
でも、それは、出来ないからだったり、出来るけどやらないというだけではないんです。

賃貸のクリーニングの場合、不動産屋さんからとか、不動産会社から依頼を受けた、リフォーム会社からだったり、まれに大家さんからだったりして、業者が入ります。
実は、ハウスクリーニング料金と言うのは、賃貸の場合とても安いです。
人が生活していた場を、丸ごとお掃除するのに、他の設備業者さんに比べると、安いです。

我が家のように、夫婦2人でやっていれば、1日の売り上げが2万円だとしても、まあ、いいかって感じですが、何人も従業員を雇っている会社だと、それではお給料が出せません。
勢い、1日に何件もやって、1日あたりの売り上げを上げていかなくてはなりません。
すると、1件に1日かけていないで、1日に1.5件とか、2件仕上げなくてはならなくなる。
結果、1件にそう時間をかけていられないので、細かい所までやらずに、最低限求められている所までの作業となります。
反対に、あまり細かい所までやらなくて良いから、安く早くやって、という依頼もあります。
こんな風に、細かい所までやらない業者が悪いとか、やれないのがいけない、というだけではなく、必要とされているクオリティの問題だったりする事もあるんです。

もし、ご自分の家のクリーニングを任せるとしたら、料金で選ぶのか、作業内容で選ぶのか、業者選びには、行く通りかの選択方法がある事を、知っていると良いと思います。

にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ 
うひとつのブログ、「家の中ピッカピカ大作戦!!」も更新しました。


2 Responses to “レンジフード・クリーニング”

  1. ありてん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    う~ん、分かる気がします。
    どこまでやるのかはご依頼者が決める事で、我々はそれを正確に読み取る必要がありますよね。
    そしてまた、ご希望に添えるように正しい技術を常に持っていなければいけませんね。
    自分はまだまだ勉強が足りません。。。
    が、常にこんな事を念頭に仕事に取り組もうと思います。
    いつも緊張感ある刺激をありがとうございまーす。

  2. ありてんさんへお返事 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >ありてんさん
    ん~難しいですね。
    結局、どこまでやるかを決めるのは、自分なんですね。
    その上で、仕事として採算が取れているのかが、問題になってくる訳で~
    この価格で、ここまでやったら、割が合わないな、と思えば、お断りしても良いし、この価格でも、自分としてはここまでやりたい、と思えば、やれば良いし。
    たとえ、価格的に安くても、今ここまでの仕事を見ていただいて、今後のお取引に結び付けて行く・・・とか。
    ここまでで良いよ、と言われたからって、ソコまでの仕事で辞めていたら、技術的な進歩は望めないです。
    この仕事、まったく同じケースは有り得ないですから、1つ1つが研修。
    「次」は無いんだな、と思っています。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ