換気扇クリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス


プロペラ型換気扇の本体が外れません!!
羽根を外し、プラスチック枠を外し、本体上部の固定ネジを回しても、ビクともしません。
固定ネジ以外にも、クギやビスを使って止めている場合もありますが、見回してみても、どこにもありません。
固定ネジ2本だけしか見えないんです。
本体は、本当に少しの緩みもなく固定されていて、今までこんなの初めてかも・・・

羽根を開けて、外側のフードの中を見ると、歴代のお掃除屋さんが外せなかったらしく、フード内側には、油で固まったホコリがびっしりです。
手前に写っているのが、モーター部分。
向こう側がフードです。
羽根の間から、長いドライバーにウエスを巻きつけて、なんとかホコリを~
下には駐車場があって、車の上に油まみれのホコリを落とすわけにはいかないので、慎重に室内側にかき集めました。
でも、全ては無理・・・

設備屋さん、なんでこんな風に取り付けちゃったのかな~
メンテナンスの時、どうするんだろう・・・
このマンション、他の部屋は天井埋め込みの換気扇が付いているんですが、天井に開けた四角い穴が、換気扇より小さい・・・
どうやって付けたのかな?って感じです。
もし、換気扇を取り替えなければならなくなったら、天井のボードも壊さないとならないのかも・・・
たまに、えっ!?って思うような施工を施してあったりします。


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願いします。 

お掃除、ハウスクリーニング、定期清掃の事は、おそうじふくふくへ!
 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ