サルモネラ菌


s-シンク.jpg

8日のブログでも書きましたが、我が家には、3匹のカメがいます。
普段は、ほとんどかまっていませんけど、時折のぞいては、それなりに癒されていると思います。

ニュースで、ミドリガメが保有するサルモネラ菌で、子供が重態におちいったとか。
ミドリガメの50~90%は、サルモネラ菌を保有して入るそうで、アメリカでは、10cm以下のミドリガメの販売は、禁止されているそうです。

学校では、情操教育の一環として、小動物の飼育をしている所が多いとおもいますけど、こういったニュースが出た事で、飼育そのものを辞めさせてしまう、というのは、残念な事だと思います。

小動物に触れた後、手を洗うとか、そういう事も、飼育する時の注意点なんですからね。
事件があると、もう全て禁止してしまって、子供達が体験するチャンスをなくしてしまうのは、どうかな、と思います。

だって、私達が子供の頃から、カメだのウサギだの、学校で飼ってましたよね。自分より弱いものを世話して行く事で、得るものも多いわけだし。
ばい菌がいるからって、何もかも排除していたら、どうなるんだろう。
だって、一歩外出たら、ばい菌だらけだよ~
くしゃみや、せき、たんまで、他人にお構いなしに、路上に吐く人もいるんだし。
見えないから、なんとか平気で歩けるし、だから外から帰ったら、うがいと手洗いが必要なんでしょう。

このニュースで、むやみにその辺の池に、カメを捨てる人がいないといいけど・・・

人気blogランキングへ ←読んでいただいたら、ポチッとね。お願いします。

ハウスダストクリーニングなら、「布団・カーペットのドライクリーニング店」へ
おそうじ福来福来のHP、コチラもぜひご覧下さい!


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ