定期清掃


JUGEMテーマ:ビジネス


そろそろ梅雨入りですね。
今日も、なんとなくジメジメした、不快な空模様です。

マンションの定期清掃で、駐車場の掃き掃除をします。
2面が道路に接しているので、車がスムーズに入れるように、段差解消スロープが幾つか
置いてあります。
すぐ側に公園がある為、枯葉がたくさん敷地内に飛んでいるんですが、これが、結構このスロープの下に詰まっています。
街を歩いていると、個人の家や、商店の入り口、駐車場入り口など、このスロープがかなり目に付きます。
写真のような市販のものではなく、鉄板をナナメに置いたもの、鉄板で三角につくったものなど、さまざまですが、そのほとんどが、詰まっています。
長い間の砂や土、ゴミなどで、そのスロープを境にして、排水が下水溝や雨水枡に流れていないようです。
車が通れるほどの鉄板など、1度強いてしまったら、動かすのは無理ですから、止む負えないのでしょうが、これでは排水溝の意味がありませんね。

足立区は下町、土地が低く、かつては荒川や、隅田川の増水で、水害も多かったようです。
都市の排水は、その許容量を計算して、排水溝や枡が設置されているんだそうです。
ゲリラ豪雨など、その計算を上回る量の雨が降ると、上回る量の水が一気に流れ込み、処理しきれなくなり、冠水となります。
雨がスムーズに排水され、水害など起きないよう、日頃から、この辺のお掃除もしておきたいものです。
市販のスロープは、それほど重いものではありません。
定期清掃では、毎回ズラして、スロープの陰も掃き掃除しています。
1ヶ月でも、結構ゴミや砂が溜まります。

 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ