ワックスを変えてみました。


JUGEMテーマ:ビジネス
 

ワックスを変えてみました。

まだ開業して間もない頃、先輩の紹介で、ハウスメーカーの賃貸物件の退去後クリーニングばかり毎日やっていた事がありました。
新しいものから、築20年位の、いやもっとかな?古い物件までいろいろあったんですが、そこは管理会社のチェックが厳しく、畳は表替え、フローリングもCFは、必ずと言って良いほど張り替えていました。
ですから、床の掃除は、掃除機がけと、一部洗浄して拭き上げ、そしてワックスを掛けておしまい、というものでした。
そのせいなのか、なんなのか、ウチは床清掃が苦手で・・・
というか、ワックス掛けがヘタクソです。

そして、なぜか、床クリーニングの依頼も少ないのです。
なにか、ホームページから床ヘタオーラでも出てますかね・・・?
ゆえに、上達するほどの数をこなしていず・・・毎回、とっても緊張して作業を行っているのです。

この間まで使っていたワックスも、特に悪い事もないんですけどね~
通称「モラモラ」、ワックスの塊が、ワックスの入れ物の中に出来て、いざワックスを掛けようとすると、
ゾロゾロ出てきて、それをいちいち取り除いて掛けるのが、面倒。
いやいや、そんな事言ってられないので、茶こしで漉してからかけていたんですが、そろそろそんなワックスの在庫も少なくなり、ちょっと違うタイプも試してみようかと、そうなりました。

今回購入したのは、ん~今まで買った中で、一番高いかも。
ワックスって、業務用の18L売りなんですね。
ホームセンターなどで見る、4L売りってほとんど無い。
最近は、2L袋入りを9袋、専用ケースにセットして使う、簡略包装のエコタイプもあるんですが、耐久性、作業性など今一つ。
結局、18Lを購入して、小分けにして使うという今までと同じですね。(汗)
でも、お高いので、しっかり管理して、ロスをなくそうと、心がけています。

今回、退去後クリーニングで初めて使ってみた所、「良い!!」「すっごく良い!!」
値段が全てじゃないけれど、楽に掛けられ、仕上がりも良い、やっぱり違うね~と思った次第。
10日後にこの部屋をもう一度見てきますので、その時、この光沢が残っていますか・・・
掛けた時には、濡れツヤでも、乾燥させると、サッパリ・・・ってのも、結構あるので、期待しつつ、またガッカリしないように・・・って感じで。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ