敷居


JUGEMテーマ:ビジネス


父が大工だったので、ずっと「敷居」というのは、角材に溝を彫って作る物、と思っていました。
でも、賃貸物件のお掃除をしていると、必ずしもそうではナイ・・・
角材に幅広の溝を彫って、真ん中に細い木を接着剤で貼って、戸を入れる・・・という敷居もあるんです。

今日、お掃除した部屋は、その接着が剥がれかけていて、ちょっと戸のすべりが悪くなっていました。
戸が入る溝には、「敷居すべりテープ」というのが貼ってある事が多いです。
ここを拭くだけの所もありますが、細い溝があるので、ブラシを入れると、とってもキレイになります。
ちょっと手間ですが、戸を外して、上下のほこりも取って、キレイになった敷居に戻すと、戸のすべりも良くなり、柱との隙間も、ピタッと閉まったりします。

物件の隣の公園の桜が、今日の風でハラハラ、ハラハラ散って・・・
まぁ、風情がある・・・とも言えるんですが~
共有廊下の定期清掃を考えると、憂鬱になりますね。
ドンドン散って来ていたけど、明日はどんだけあるんだろう・・・
 


2 Responses to “敷居”

  1. 木村亮太 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今日の現場、サクラが敷地内に。
    定期があったら辛いなぁ、と風情感じるとともに思っちゃうんです。無粋ですね。
    秋の落ち葉の時期も辛いです♪

  2. 木村さんへお返事 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >木村さん
    サクラは、花びらの後の、ガクが落ちるのも、結構大変。
    雨が降って張り付くと、もう大変。
    定期の一般家庭のお宅にもあって、しかも下が石畳・・・
    1度は、あんまり数多いんで、バキュームで吸い取りましたよ。
    落ち葉の時期は、植木屋さん呼んで、葉を落としちゃうので、楽でした。^^
    葉っぱなんかに、負けてたまるかっ!!

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ