猫の臭いの元は~





引越し前の空き室クリーニング。
前の入居者がペットを飼っていて、その臭いが気になる・・・という話。
なるほど~見積りに行ってみると、猫ちゃんの臭いが結構します。
良く言われるのが、犬は体臭があるけども、排泄物はさほど臭わない。
反対に、猫は体臭があまり無いけど、排泄物が臭う・・・
窓の側が一番臭いましたね~
網戸にも、猫ちゃんが駆け上がったとおぼしき跡が・・・

窓サッシのレールに、猫の毛が沢山詰まっていて、それらを取り除いて、洗剤で洗えば、何とか臭いは軽減できるかな?と思いましたが~
実際洗ってみても、何かまだ臭うような・・・
間にワイヤーの入った重い窓だし、外に手すりも何もない壁面なので、窓を無理に外す事も出来ず、戸車に毛が絡んでいたりしたら、もうお手上げです。
何とか、色んな道具を使って、出来るだけ取り除きましたが、最後にサッシレール端の、このプラスチックを外してみたら、中に毛がごっそり。
外した後のレールにも、沢山の毛がありました。
これを洗剤で洗って、元通りにはめたら、臭いがかなり薄くなりましたね。
サッシの鍵の中にも、毛が入り込んでいて、たぶんマーキングの為のオシッコもかけられているので、100%臭いを取り除くには、サッシを交換するしかないかもしれませんが、それでも、臭いはそう気にならなくなりましたよ。

臭いの掃除は、大変。
特に、ペットはオシッコをかけるので、それが壁紙の下のボードに染み込んでいたり、幅帰途床材の間に入り込んでいたら、クリーニングだけでは取り除けないんです。
オシッコのしつけは、大切ですね。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ