退去後クリーニング


JUGEMテーマ:ビジネス


今日は、今までで一番近い現場。
我が家の上の階のお部屋です。
移動は階段をあがるだけ。
間取りも設備も同じ部屋ですが、実は私達が引っ越して来た時、一見キレイにクリーニングされているようでしたが、引っ越して来てから見てみると、レンジフードの内部は手付かずでした。
何年もの油汚れが蓄積されていて、自分で掃除しましたが、かなり大変でした。
見積りの時に、大家さんにその話をすると、「中までやってあると思ってた・・・」というお話。
良くある話です。
大家さんは不動産屋さんや、リフォーム会社まかせで、それらの会社もハウスクリーニング屋任せ。
レンジフードの内部をやっていようが、いまいが、彼らは何も困らないんです。
たぶん、下請けのハウスクリーニング屋さんへ支払われる料金は、内部をやるまでも無い料金になっているのでしょう。
金額的な事だけではなく、「たかが掃除」「だって掃除だろ」という見方をされる事が多いので、ハウスクリーニング屋さんのモチベーションも下がります。

最近知り合いになった、同業の女性社長さんは、「ハウスクリーニングは技術職、ハウスクリーナーの地位を向上させないと」と話していました。
単なるホコリ取り、単なる掃除ではなく、ハウスクリーニング技術で、リフォームをするまでも無く、部屋を蘇らせれば、それはエコにも繋がります。
がんばりましょう!!^^


にほんブログ村 住まいブログ ハウスクリーニングへ ←ブログランキングに参加しています。よろしかったら、クリックをお願いします。 

お掃除、ハウスクリーニング、定期清掃の事は、おそうじふくふくへ!
 


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ