ジャッキー・チェン


韓流に押されて、すっかり話題が無い香港映画。
TSUTAYAで久しぶりに、ジャッキー物を借りてきました。
「香港国際警察 NEW POLICE STORY」。
やっぱり、生身のアクションの方が、良いですね~
ワイヤーアクションならぬ、ロープアクションでビルの壁面を降りて行くのなんか・・・
ジャッキーの映画の中でも、この香港国際警察は、どれも面白い。
実は、私は一時香港フリークでした。
年に何回も香港に行って、ウロウロ歩き回っていました。
もちろん、本物のジャッキーにも会ったし、本物の警官とも写真撮っちゃった!
そして、なんとジャッキー映画に、エキストラで出演もしたんです。
タイトルは「サイクロンZ」。興行的には・・・だったので、見た人は少ないんじゃない
かと思いますが、始まってから1時間15分頃の裁判所のシーンで、傍聴席に座って
います。
撮影の時にジャッキーに会いましたけど、4時間程の撮影時間の内、2時間位セットの
テーブルの上で、大の字になって爆睡していました。
手や足がピクピクして、歯ぎしりまでして、きっと夢の中でもアクションシーンを撮影し
ていたんでしょうね。
私の映っているシーンは、10秒程ですが、ジャッキーのアップの後ろに写っているので、「共演」?
若い頃の「酔拳」や「蛇拳」も、面白かったですね。「成龍拳」という時代劇も面白いですよ。
見終わった後、う~ン・・・と考え込む映画より、難しい事考えずに、文句無く楽しめる、
そんな映画がいいですね。
ジャッキーも、もう50代。ますます鳥越氏に似てきましたが、これからもがんばって、
楽しい映画を見せて欲しいと思うのでした。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ