レンジフードクリーニング


ハウスクリーニング研究会 シニア倶楽部会員番号3 ハウスクリーニングのおそうじ福来福来です。
本日は、一週間振りの一般家庭。
ちょっと古めの公団のレンジフードです。
初めて見る形!に、一瞬ひるみましたが、が、がんばってきましたヨ!
今まで出会って来たレンジフードは、フードの中に斜めにフィルターがセットされていて、フィルターを取り除くと、シロッコファンが真ん中に収まった、ケーシングというケースが正面や天井についている形でした。
今日のは、フードの中に真ん中を大きなネジで止められた、正方形のフィルターがあり、それを取り除くと天井にケーシングがありました。
取り外しさえしてしまえば、後は汚れを落とすだけ。そこは一緒です。
約2時間半。
ファンもフィルターもキレイに油を落とし、アルカリ性を中和させて仕上げ。
ケーシングとフードの油を落とし、あと背後と左の壁がタイルだったので、油を落とした後、軽く漂白をして仕上げました。
約30年使用のレンジフード、1度だけお掃除業者に依頼した事があり、あまりお手入れはしていないとの事でした。
油が長い間に黒く、固く固まってしまい、ケーシングの中やフードの内側にこびり付いていました。
業務用のキツイ洗剤を塗り、三枚刃で削ろうと思いましたが、まったく刃が立ちませんでした。
後は、少しずつ、少しずつぬぐって行ったのです。
こびり付いた油は、年月が経つうちに酸化して、素材を痛めます。
汚れを落とす=お手入れは、素材を長持ちさせる為にも必要です。
古い物を新品に戻す事は出来ませんが、いつまでも新品のように使って行く事は可能です。
気分の良くなる為のお掃除も必要ですが、物を大切に使って行く為のお掃除も、考えてみませんか。
ハウスクリーニングは、エコです。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ