仕事って?


この仕事をする前、某生保で事務をやっていました。
ナント、28年も!!
色んな事がありました。楽しい事、うれしい事、哀しい事、そしてイヤな事。
その全てに関わっているのが、人間。
下っ端は上司に「評価」されるワケですが、その上司だって人間。
心の動き「好き嫌い」ってのが、反映されてしまうんですね~
純粋に仕事面だけで評価してるゾ!って人に、ついぞ出会えませんでしたねェ・・・
サラリーマンって、きっとずっと同じなんでしょうね。
ある記事で、「人は自分の評価は何割か増しにしている。人の評価は何割か引いている」って言うのがありました。
自分が思うほど、仕事出来てなかったのかもしれないし、自分が思うよりやってるヤツだったかもしれない。
それって、いつ判るんだろう・・・どうやって知ったらいいんだろう。
同じ汚れの部屋ってないから、AさんとBさんの仕事は比べられない。
汚れが少なければ、結果もキレイだろうし、汚れが酷ければ、幾らやっても限界はある・・・
過程でなく、結果だけを見られるお掃除の仕事。
自分が「やった!」って思えるのは、いつなんだろう・・・


2 Responses to “仕事って?”

  1. 兄さん より:

    SECRET: 0
    PASS:
    素敵なプログなんで上品に登場します。
    この仕事は結局は結果のみなんです。
    ウチのスタッフにも労いの声は掛けますが、評価は結果だけです。
    でも、頑張っていない風に見えても結果が良いスタッフは見えない所で努力しているのは間違いありません。
    だから、正当で平等な評価は結果だけなんです。
    それは、兄さんがスタッフを評価するだけではなく、兄さんも元請けからは結果だけしか見てもらえません。
    こんなに汚かったのをこんなにキレイにしたと言っても、仕上げレベルに達しなければクレームになり、極端な話し切られてしまいます。
    自分が『やった!』と思えるのは、時間やクレームの有無ではなく、『自分自身が納得する仕上げ』を行ったかどうかでしょうね。

  2. かー より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >『自分自身が納得する仕上げ』を行ったかどうかでしょうね。
    本当にそうですね。「やった!」って思えるのに(笑)ダメ出しされては、凹んでいます。
    簡単に「やった!」って思い過ぎでしょうか?
    でも、がんばっていますよ。
    どんなにダメ出しされて、半ベかいても、ダメ出しされた箇所にチャレンジしていますから。
    しっかし!うまくならないなぁ・・・自分。
    兄さんやスタッフの皆さんの結果の前には、沢山の努力があるっていう事、覚えておきます。

コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ