布団クリーニング・マットレスクリーニング


ハウスクリーニング研究会 シニア倶楽部会員番号3 ハウスクリーニングのおそうじ福来福来です。
178.jpg
本日は、勤労感謝の日。働けるお仕事がある事に感謝しつつ、働いてまいりました。
知人宅のエアコンクリーニングと、布団、マットレスクリーニングです。
エアコンは、初体験のガスエアコン。
カバーを外すと、ん~電気のエアコンと変わりありません。
コンセントに、プラグも差し込むし、何をガスでやるんだろう・・・今一つ仕組みが判っていませんが、クリーニングは、電気と同じ様に無事終了。
続いて、マットレスクリーニング。
まず、マットレス全体のハウスダストを吸引します。その後、食物繊維(セルロース)から作られた専用洗剤をマットレス表面に撒きます。
洗剤は、少しシットリした感じの粉状です。ムラ無く撒く為に、ふるいを使います。
これは、先に布団クリーニングをやっている先輩に、教えていただいた方法です。
その後、専用掃除機で洗剤をマットレスになじませます。30分程放置。
その間に、布団のクリーニングをします。
まず、お客様に見ていただく為、掃除機にアタッチメントをつけ、吸引。
黒いクロスに、沢山のダストの白い粉。ほこりやダニ、ダニの排泄物等です。
一見キレイなお布団だったのに、こんなに!と思うほど。
いえいえ、これは、どこのご家庭の布団でも、もちろん我が家の布団でも、この位は出るんです。
布団をひっくり返して、裏面も吸引。
そうこうしている内に、30分が経過し、マットレスの作業に戻ります。
シットリしていた洗剤が、乾燥して、この間にハウスダストを吸着し、再付着を防ぎます。
この乾燥した洗剤を、掃除機で吸引します。これで、マットレスのクリーニングは終了。
排気にホコリがほとんど出ない掃除機ですので、お部屋の中もホコリっぽさは無く、布団をバサバサやっても、ホコリが舞い上がる事はありません。
布団をキレイにしたら、カバー類も交換して、今晩は、気持ちの良い眠りへ・・・
翌朝の目覚めが違うはずです。
喘息、アレルギーにお悩みの方はもちろん、悩んでない方も、一度おそうじ福来福来のハウスダストクリーニング・布団、カーペットクリーニングをお試しください。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ