御用始め


ハウスクリーニング研究会 シニア倶楽部会員番号3 ハウスクリーニングのおそうじ福来福来です。
s-182.jpg
多くの企業は、今日から御用始めですね。
会社に勤め始めた頃、12月30日の御用納めは、大掃除の日でした。
それから、いつも4時半までの仕事を、3時頃終えて、支社へ挨拶に行って、早めに帰っていました。
そして、1月4日の御用始めは、10時頃出勤して、営業所勤務でしたから、営業職の人達と挨拶を交わし、日頃出ない朝礼にも出て、あとは少々のつまみと、お酒が振る舞われ、今年もがんばりましょう。という事で、仕事はせず(?)会社の人達と初詣に行ったりしていました。
いつの頃からでしょう。御用始めの日に、ユニフォームに着替えるようになったのは・・・
それまでは、着物で行ったりしていましたね。
東証の御用始めの手打ちなんかでも、振袖姿の女性が前列に並んでいたりしました。
かならず、ニュースになっていましたよね。
御用納めも、大掃除をしている時間もなく、ヘタすれば残業していました。
御用始めの日も、9時5時でしっかり仕事したりして・・・
その頃からでしょうか。
なんとなく、世の中が気ぜわしく、皆自分の事で必死で、他人の事なんか考えていられないような風潮になってしまったのは・・・
コンピュータの導入とそれに伴う人員削減などで、ゆとりなんて無くなってきました。
スーパーもコンビニも、いつも通り営業しているし。
昔のお正月は、軒並みシャッターを下ろした商店と、車の少ない道路で、妙に広々とした街並になっていました。
日本人は、厳粛に新年を迎えていたのじゃないでしょうか。
なぜお正月に休むのか、お正月って何なのか、を考えると、お正月が単なる休暇じゃない事が判ると思います。
お正月って、神事?調べてみようと思います。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ