異業種間交流?


ハウスクリーニング研究会 シニア倶楽部会員番号3 ハウスクリーニングのおそうじ福来福来です。
s-207.jpg
本日は台東区のマンションの2DKでした。
かっぱ橋道具街の入り口にあります。
ここの近くのマンションを合わせて、何度か来ていますが、まわりは業務用の厨房用品のお店があったり、看板屋さん、食器屋さん、食品サンプル屋さん等が軒を連ね、外国人観光客も沢山来ています。
仕事で行っていますから、ほとんどお店の中は、見た事がありませんが、店頭にいきなりおでんの屋台が置いてあったり、ちょうちんが沢山かけてあったりと、前を通るだけでも楽しそうな街です。
現場は、洋室2部屋とキッチンが横に並んで、ベランダが付いているので、掃き出し窓が3組あります。
午前中、窓(他に滑り出し1つ)と網戸、ベランダの掃除をして、昼食をとった後、ガラスの仕上げをしました。
ガラスの仕上げが終わり、網戸を入れだしたら、エアコンの業者さんがやってきました。
聞くと、エアコンのスリープ用の穴を開けるとの事。
エアコンの穴って、窓のそばに開いてますよね。「え~今、仕上げたばっかりなのに」
ガラスって、結構気合入れて仕上げてるんですよね。それを汚されるかも・・・
お掃除は、すべてのリフォームの最後に行います。
だから、新しい壁、新しい畳、新しいシンク、新しい建具なんかがあれば、汚さないように、神経使って掃除をします。
きれいにしに行って、汚しては何もなりませんからね。
でも、他の業者さんは、あまり気にしない人が多いみたいです。
クロス屋さんなんか、「後、掃除が入るから」小さなくずなんか、残したまま帰る人もいます。
でもね、掃除って、先住者の汚れを落とす為に入るのであって、他の業者さんの後始末に入るんじゃないんですよね。
それに、職人なら、職人らしく、自分の仕事の始末は、キチンとするものだと思うのです。
掃除の最中に来て、エアコン取り付けて、床に大きな傷を付けて、帰った業者もいます。
こちらが気付かずにいると、リフォーム会社の人には「掃除屋さんが傷付けた」と思われます。だから、掃除にかかる前、傷や汚れなどないか見ます。あれば、リフォーム会社に電話して、「ウチじゃないから」と言っておきます。
その位にしているのに、他の業者さんは無頓着な人が多いです。
案の定、窓ガラスに白い水滴が飛んでいました。壁に穴を開ける為に、水が必要だったみたいで、私達が使っていた水道から、勝手にホースを引いていましたから。
そんな時、「お水、いいですか?」って一言言ってくれたら、気持ち良く貸せるのにね。
1部屋のリフォームにも、沢山の専門の業者さんが関わっています。
沢山の人の手があって、初めて1つのお部屋が生まれ変わるんですね。
沢山の業者さんも、それぞれの道のプロ。
お互いマナーと尊敬の気持ちを持ちたいものです。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ