洗面台の輝き


JUGEMテーマ:ビジネス

洗面台清掃前 洗面台清掃後
我が家の洗面台です。
仕事として、単品での依頼は、あまりないのですが、年末に水周りを全てお掃除する時に、入ってくるのが、洗面台のクリーニング。
シャンプードレッサーだと、ボウル部分が大きいので、まわりにカウンタートップが無いのもありますが、我が家のは、シャンプードレッサーでは無いので、ボウル自体もあまり大きくなく、回りを人造大理石のカウンタートップで囲まれています。
それ程大きなキズも、汚れも無いのですが、やはり水垢がついて、なんとなくツヤが無い感じ・・・
それを、専用の研磨道具で磨いてみました。

左の写真が、清掃前。
上の方に映った照明の輪郭が、ぼやけています。

右が、研磨後。
照明の輪郭がくっきり、明るく映っています。
下の方の、蛍光灯の明かりも、輪郭がくっきりと。
ボウル周りの水垢もとれ、洗面室全体が明るくなりました。

毎朝使う洗面台。
汚れていては、朝の清々しい気分も台無し。
特に、排水口が汚れていると、顔を洗う時に、イヤなにおいがしたりします。
ボウルの周囲も、カビが発生しやすい所。
カビ取り剤を使って、ブラッシングをして、少し放置。
あと、しっかり水で流しておけば、大丈夫です。
ついでに、排水口にもカビ取り剤をつけて、ブラッシング後、放置。
イヤな匂いも、なくなります。

洗面所は、キャビネットの外に、細々としたものを置きがちですが、なるべくトレイに乗せる、キャビネット内に仕舞う、などして、お掃除をし易いようにしておくのも、小まめにお掃除する為の技のひとつです。
物がたくさんある → いちいちどけるのが面倒 → 掃除がしにくい → 掃除をしない・・・となりやすいので、まめにお掃除をしておきたい場所には、なるべく物を沢山置かない、掃除を面倒にするものをおかない、というのも、大切です。

汚れた時に、すぐ落とす!が、きれいに保つコツです。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ