酸性洗剤は要注意!!


518.JPG

お掃除に興味のある方、徹底的にお掃除をしたい方などは、ネットで調べたりして、水垢を取り除くには、酸性の洗剤を使う、なんて事も良くご存知ですね。

酸性の洗剤・・・パッと思いつくのが、トイレの定番「○○・ポール」ですね。
これを浴室の頑固な水垢、たとえば鏡等に使う、というのは、プロでも使っている方が多いです。

でも、要注意。
酸性の洗剤を使って、そのまま放置してしまうと・・・
「ヤケ」を起こして、ポリバスなどとんでもない事になってしまいます。
そうなったら・・・もう、何をしてもダメでしょう。
酸性に限らず、洗剤を使う前には、水をたっぷりかけて、それでも液だれを起こさないよう、洗剤は下の方から塗っていきます。

そして、酸性の場合は特に!すぐ流しましょう。
気をつけながら、少ない面積に使い、それでも水垢が残ったら、また洗剤を塗って、スポンジなどでこすり、水で流す・・・
これを繰り返して、少しずつ水垢を取り除いていきます。

あせって、いっぺんに、広い面積をやろうとすると、失敗します。
酸性洗剤には、特に要注意です! 


One Response to “酸性洗剤は要注意!!”

  1. ささ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    通りすがり物です、酸ヤケは物理的には戻すことが出来ますよ、簡単に言うと母体に酸が残留しているため化学変化を起こしているのです。その酸を取れば良いのですが、水では100%流せないのでアルカリで中和すれば良いのです。ですから酸ヤケを起こして変色してしまった物は逆にアルカリ焼けを起こさせて直せば良いのです。クリーニング屋さんは結構取れない物はスグ酸という傾向が有るみたいですが、基本はアルカリを使いそれでも取れない物は酸で酸を使った時はアルカリで中和すると言うことをすれば、酸で変色することも無いでしょう

サブコンテンツ

このページの先頭へ