電気用品安全法


image1000031.jpg

本日は、休み!
TVを見ていたら、「噂の東京マガジン」で、「電気用品安全法」について、取り上げていた。
なんでも、電気製品の安全性を高める目的で、2001年に施行されたらしい。(そんなの知らないし)
完成した電化製品の全品検査を義務付け、合格した製品には「PSEマーク」が付いているらしい。
で、今年4月以降は、このマークがない電化製品の、売買が出来なるなるという事です。
オークションや、フリーマーケットで、個人が売る分には対象外らしいけど、オークションも今や個人よりショップの方が目立っているので、大量だったり、何度も繰り返しの販売は、規制の対象になるようですね。
でも、有限な資源を大切に、とかリサイクル、リユース、リデュースと言って、色々キャンペーンをやってきているのと、反するような気が・・・
古い電化製品を使い続ける事による事故を未然に防ぐ為にも、必要なのかもしれませんが、短い期間で切ってしまうと、あちこちで綻びが出てくるような。
今リサイクル屋さんの店頭にある商品の、ほとんどにマークがないので、4月以降売れ残った商品は、ゴミ。
また、マーク付きの製品が、リサイクル屋さんに持ち込まれるようになるまで、店頭の商品はどうしよう・・・と。
リサイクル屋さんは、頭を抱えています。
消費者がリサイクルに出そうとしても、マークのない製品は、どこも引き取ってくれなくて、結局ゴミとして処分。
3月中に、投売りされるかも、ですよ。(今がチャンス!という気もする)

昔の真空管アンプなどの音を愛する、一部愛好家達は、文化が、歴史が、と嘆いています。
温故知新、という言葉は、なくなってしまうかもしれませんね。
まぁ、電化製品に限っての法律なんですけど、他の物についても、どんどんデザインが変わり、デザインが変わると買い替えられ、古いものは捨てる。
修理して使うより、買う方が安い。そうして、どんどん消費するだけの社会。
良いものを長く使って行こう、というのは、今の日本では難しくなっていますね。

当店でカーペットクリーニング、布団クリーニングに使用している、ドイツ製の掃除機。
ネジ1本からの販売が可能で、本国ドイツでは、修理を重ねながら、何代にも渡って使い続けているご家庭が、珍しくないそうです。
リサイクルの先進国は、その歴史からして、違いますよね。

※ 写真は、その掃除機。デザインもカッコ良いでしょ?!


おそうじ福来福来のHP、コチラもぜひご覧下さい!


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ