窓クリーニング


tanakatei.jpg

昨日は文京区で窓クリーニングでした。
この時期、お家の大掃除は水周りが中心だけど、窓を全部!というお宅も多いです。
最近は、車の排ガスのせいで、ガラスの外側が結構汚れています。
今日のお宅は、近くに故・田中角栄さんの目白御殿があり、周辺は学校が多いので、緑が多く、お部屋からも紅葉の木々が見渡せて、景色の良い所でした。
窓が仕上がり、スッキリと外が見えて、お客様にとても喜んでいただけました。^^

窓のお掃除、プロの業者に依頼した事の無い方は、結構簡単に思われているようですが、これがまた1日仕事。
特に一般家庭の場合は、養生に時間をかけるのと、カーテンなどの付属物の取り外し、取り付けなどにも時間を取られてしまいますね。

網戸は当然外して、洗剤で洗います。
窓も外せれば、外して洗剤で洗います。
これは、外して洗う場所があれば、の話。
水の使えないバルコニーだとかになると、ひたすらウエスを使って、作業します。
洗わないからと言っても、洗った時と同じ様に仕上げますよ、当然。
最後はコーティング仕上げをして、ホコリや汚れを付きにくくします。
これがね~触ると、スルスル、スベスベして、ほんとに気持ち良いんですよ~

所が、最近のマンションなどは、「開放感」やら「採光」などの為、やたら大きなフィクス窓(ハメ殺し窓)が多いんですね。
ベランダに面していれば、外はホースで水をかけて洗いますが、問題はベランダが無い時。
フィクス窓の側には、開ける事の出来る窓があるものですが、その窓から身を乗り出して、フィクス窓の外側を拭く事になります。

だけどねぇ、大きいと腕も届かないし、必殺の道具を使っても、そばで見ながら仕上げて行くようには、綺麗に出来ないんですよね。
第一、そんな窓、お住まいの方も、簡単に掃除が出来ないじゃないですか。
オシャレな窓は良いけれど、簡単にお手入れ出来るものをつけた方が、お住まいの為にも、住んでいる方の為にも、良いんじゃないでしょうか。


コメントを残す

Comments links could be nofollow free.

サブコンテンツ

このページの先頭へ