読むだけで、きっとお部屋がピカピカになる

カーテンレールを掃除しよう!

  • HOME »
  • カーテンレールを掃除しよう!

朝晩、随分寒くなってきました。
夏の暑い日差しを遮ってくれた、カーテン。
そろそろ、冬の厚地のものに、替えなくてはね。
カーテンを替えて、ついでにカーテンレールのホコリも取り除きましょう。
カーテンレールの上に、ホコリの溜まっているご家庭、意外と多いんですよ~

カーテンレールの上のホコリ。
カーテンの開け閉めの時に、結構舞い上がっています。
ハウスダスト・アレルギーで、床のホコリを気にして、マメにお掃除している方でも、ここは、案外忘れているようです。

カーテンを、ランナーから外します。
カーテン側の、カーテンフックも外しておきましょう。

外したカーテンと、カーテンタッセルは、この機会にお洗濯しましょう。
大きさの違う窓のカーテンを複数洗う時は、それぞれ同じ窓でまとめて、洗濯ネットに入れると、取付の時に便利です。
また、ネットを使えば、カーテンフックも付けたまま洗っても、大丈夫ですよ。
後は、掃除の終わったカーテンレールに取り付けたら、窓の両側を開けておいて、乾燥すればO.K.!

カーテン・レール端の「エンドキャップ」を外します。
ネジの裏(レールの内側)に、“受け”の金具があるので、ネジは最後まで抜きません。
少し緩めるだけで、レールから外せます。

ランナーが汚れている時は、レールから外して、漂白すると、キレイになります。
外したエンドキャップの所で、受ける容器を持ち、片方の手でランナーを一気に寄せます。
特に、タバコを吸う方がいる場合、ヤニでランナーも茶色くなっている事が多いので、やってみましょう。
あまり酷い場合は、レールごと外して、お風呂場などで洗う事も出来ます。
その場合、ランナーは着けたまま洗ってしまいます。

カーテンレールの上を拭きます。
キッチンの近くなどで、油汚れがある場合、住宅用洗剤や、重曹をつけて拭きます。
仕上げにカラ拭きをしておくと、ピカピカになりますよ。
車用のガラスクリーナーで仕上げておくと、ホコリが着きにくくなります。

カーテンレールの設置場所により、天井との隙間に手が入らない場合などは、ドライバーにタオル(雑巾)を巻く、などして拭きましょう。

レールの溝は、割り箸にタオルをかぶせて拭きます。
ヤニの場合、この中まで茶色くなっています。

ついでに、カーテンレールの周囲の壁のホコリ、近くにある時計など、一緒にキレイにしましょう。

外した、ランナー、フックなどは、このような密閉容器に入れて、漂白剤や重曹などを入れ、上下にシャカシャカ振ると、短時間でキレイになります。

黒ずみが残ったら、タオルで1つ1つ拭いていくと、キレイになります。

カーテン・レールにランナーを戻します。
輪になっている方が、下になります。
ランナーの数をを2等分して、真ん中にマグネットのついたランナーを2コ挟み、すべてランナーに通します。

エンドキャップを、元通りに着けます。
しっかりネジを締めておかないと、カーテンを勢い良く開けた時に、ランナーまでバラバラと飛んでしまいます。

カーテン・レール上のホコリが、なくなりました。

カーテンを開いた時に、カーテンをまとめる「タッセル」をかける、「タッセルホルダー」も拭いておきましょう。

カーテンを取り付けて、おしまいです。
冬のカーテンは、窓の長さより少し長めにしておくと、窓からの冷気を防ぐ事が出来ます。

おそうじの事なら、おそうじふくふく TEL 080-5380-8910 9:00-19:00
 作業中は電話に出る事が出来ませんが
メッセージを残していただければ
折り返しご連絡させていただきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

足立区のハウスクリーニング店おそうじふくふくです♪

足立区のハウスクリーニング店おそうじふくふくです♪

おそうじふくふくは、女性スタッフを中心に、丁寧な作業を心がけ、東京東部を中心にお伺いしている清掃会ハウスクリーニング店です。女性に好評!女性専用エアコンクリーニングも行っています。


⇒まずはホームページをご覧ください。

LINE@はじめました

LINE@はじめました

お問い合わせ、記事リクエストなど、LINE@でお気軽にどうぞ!

ブログ 最近の投稿

お掃除方法 最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 東京・足立区 おそうじふくふく All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.