読むだけで、きっとお部屋がピカピカになる

神棚を掃除しよう!

  • HOME »
  • 神棚を掃除しよう!

年末になると、大掃除の時にご依頼があるのが、神棚。
高い所にあり、踏み台に乗って、拭いたりするのは大変。
また、注連縄の交換なども一緒に行ないます。

我が家の神棚は、愛知県のとある小さな神社の神様を祭っています。
神棚を吊れる場所が無いので、冷蔵庫の上にお祭りしています。
目より高い場所で、清潔なところであれば、わざわざ神棚を吊らなくてもよいそうです。

用意するもの 乾いたタオル ハケ

冷蔵庫の上に桐の板を敷き、半紙を敷いています。
まず、お宮や三方、榊立て、徳利、水玉、皿など、すべて下ろします。

台の上をきれいなタオルで拭いて、新しい半紙に取り替えます。

下ろした神具類です。

半紙に、下ろしたお米、塩を空けます。
塩、お神酒は、玄関先に撒きます。台所から水と共に流してしまっても、大丈夫です。
お米は、ご飯を炊く時に一緒に混ぜて食べる他、庭やベランダに撒いて、野鳥のエサにしても、自然に帰るので、良いと思います。

お宮は白木なので、水は厳禁です。
乾いた布で拭くか、柔らかいブラシでホコリを払いましょう。

取り外せるパーツは、外すとやりやすいです。

柔らかいブラシなら、隅々まで払えます。

お神酒、米、塩、水を、元通り備えます。

榊も新しいものに取り替えて、さっぱりした神棚です。

我が家はマンションなので、上の階に人が住んでいます。

神様の上を人が通ってしまうので、ここが一番上ですよ、という印に、「雲」という札を貼っています。
榊やお供え物は、1日と15日に交換しています。
お供え物は、毎日交換、という方もいると思いますが、出来る範囲で続けて、やっていく事が大切だと思います。
我が家の神棚は、簡易なものですが、本格的な神棚の場合、お掃除も大変になるかもしれません。
榊を替える時、お供え物を替えるときなどに、少しずつでもやっておくと、汚れが溜まりません。
特に、台所に近い場合は、油汚れなども付きますので、気をつけましょう。

教えてください!この記事であなたの悩みは解決しましたか?
  • 完全に解決した 
  • まあ解決した 
  • 少し解決した 
  • 全く解決しなかった 

おそうじの事なら、おそうじふくふく TEL 080-5380-8910 9:00-19:00
 作業中は電話に出る事が出来ませんが
メッセージを残していただければ
折り返しご連絡させていただきます。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

足立区のハウスクリーニング店おそうじふくふくです♪

足立区のハウスクリーニング店おそうじふくふくです♪

おそうじふくふくは、女性スタッフを中心に、丁寧な作業を心がけ、東京東部を中心にお伺いしている清掃会ハウスクリーニング店です。女性に好評!女性専用エアコンクリーニングも行っています。


⇒まずはホームページをご覧ください。

LINE@はじめました

LINE@始めました。

お問い合わせ、記事リクエストなど、LINE@でお気軽にどうぞ!

インスタグラムやってます♪

インスタグラムやってます♪

ブログ 最近の投稿

お掃除方法 最近の投稿

PAGETOP
Copyright © 東京・足立区 おそうじふくふく All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。